So-net無料ブログ作成

「DEATH NOTE the Last name」を 観ました♪ [映画]

「前編」が、10月27日に TV放映されましたネ。

この続編=完結編も TV放映を 待とう!…と 思っていたのですが、

前編が 予想以上に 面白かったので、その結末を 一刻も早く 知りたくて

居ても立っても居られず、映画館に 行ってきてしまいました~

(この作品は、な・な・なんと Darlingと二人で~♪ 愛 燦燦 再燃 (ーー;) )

 『DEATH NOTE the Last name』

公式HPは こちら

おお~!\(◎o◎)/ こんな終わり方を するのね

映像の完成度は TV向け=稚拙な(!)感じで、絶対 映画館でとかの思いが

ある訳では ないのですが、この展開・種明かしは、周りや マスコミ情報から

なんとなく知ってしまってから 観るよりも、画面から ストーリー展開を 追っていって、

その結果 知った方が 断然 面白いですネ♪ (*^^)v

私は 原作コミックスを 未読なんですが、原作の結末は どんなだったんでしょ~?!

  今からでも ぜひぜひ原作を読みたいです~!

 

TVで 「前編」を観た時点でも 思ったことなんですが…

私のような “思春期”の(或いは それを超えて成人に近い…)子供を 持つ親には、

 『月(ライト)』(右) VS 『L(エル)』(左)の

対決の結末も さることながら… 

この物語の主人公=『夜神 月(ライト)』父親

『夜神総一郎』(鹿賀丈史)=刑事局長に

同情と思い入れが 深くなってしまう、ストーリー展開で ありました。。。

初心では 世の悪を憎み、正義を守りたいが ために 行動を起こした息子が、

いつの間にか、正義の名を“振りかざす” 「殺人鬼」に なってしまった。。。

常識的な 正義の番人である 自分が、(巧妙に真実を隠す…)我が子を信じて、

見事に その愛情と信頼が 裏切られている。。。

「殺人鬼」に なってしまう顛末は、極めて 非現実的だとしても、親として、

間違った道に 迷い込んでしまった 我が子に、裏切られてる状況って、

我が身を そこに置いてみるに、親として なんて 辛い状況。。。

この映画を観て、この点に まず 心を持っていかれるなんて、

珍しい感想でしょうか!?

でも これこそ、もうすぐ大人になっていく子供を 持つ親に とっては、

リアルな恐怖感だったりします。

(親である…)自分の価値観に近い所に居た 我が子が、

とんでもない(!?)迷い道に はまり込んでしまう。。。

救いたいけれど、独自の意志と 優秀な頭脳を持った 我が子の方が 上手(うわて)で、

手の届かない境地に 駆け上がって行ってしまう。。。

あ~!<(_ _)> 思っただけでも、背筋が凍りそうな 恐怖デス~

 

私は この1年、ブログに取り組んできて、ネット通信・交流の現実と

PCテクの習得を 体験してきましたが、なんのためって、

我が子に 巧みなウソを つかれたとしても、見抜けるような…

“世の中を知っている目”を 養うこと…が、実は 一番の目的だったような

気が します。

我が子が 『DEATH NOTE』を 手に入れてしまう現実は 起こらないとしても、

自身が PCやIT技術に近い場所に居ないと、

“普通の中高生”が ここまでの事を実現することが できる…という現実を、

実感として 理解できないかも しれない!

そんな “メカ音痴”“世の中知らず”では、親として、この時代に

我が子を 送り出すことが できないのでは ないか!?

そんな思いが、強く あったから…です。

我が子を 信じたい。でも、世の中の事情や 技術のレベルを 知らないまま

根拠も無く 妄信するのでは ダメだ。

そんな事を、改めて 思ってしまった…映画鑑賞感で ありました~。(~_~;A)

 

毎度の事ですが… とっても とっても 個性的な(!?)感想で 失礼しました。m(__)m

 

何は さて置き・・・予想し難い結末を 楽しめる、超面白いプロットですよ~ 

  死神『リューク』を演じた…

中村獅童さん 近年 数多く 良い仕事されてますね~!

この声も So Good♪

『Dr.コトー診療所』吉岡秀隆君  と いい。。。)

仕事の充実と 自分の家庭の維持が 両立できないのって、

芸能活動の宿命なのでしょうかねぇ?! ^^;


nice!(7)  コメント(20)  トラックバック(7) 
共通テーマ:映画

nice! 7

コメント 20

AnneMarie

映画の感想も楽しませてもらいましたが、それよりも流星さんの“世の中を知っている目”を 養う努力に感服です。
コチラの方が興味津々だったデス。
あまりにも子ども世代の事情をしらないってのは不安ですよね。
こういう時代ですもん。
流星さんにみならわなきゃ[おんぷ]
by AnneMarie (2006-11-13 12:58) 

流星☆彡

>AnneMarie様
毎度、どんな作品を観ても “親目線に なってしまう感想”で、失礼いたしました[あせっ]
m(__)m でも、頭脳明晰・優秀な子供に、巧みにダマされてしまう状況って、
今や “他人(ひと)事”ではないのよね[がーん]
『地下鉄(メトロ)に 乗って』でも 出てきましたが、子供が親を犠牲にしても[・・・]
設定が また 出てきましたね。(*_*;) いくらでも 踏み台には なりますよ。
我が子は 可愛いですもの。でも、この夜神総一郎は、ラストの顛末を知った時、
心底 辛かったと思います。そして それでも、息子を助けたかったと思います。
どんな事を しでかした…としても。。。
by 流星☆彡 (2006-11-13 13:50) 

綺華

テレビで前編を見た時、私も流星さんと同じ感想持ちました・・・
ライトの父親に対してね。

流星さんも書いておられるように、思春期の子を持つ親なら
毎日、子供たちの真実を見極めているのと同じですもんね(苦笑)
私はほぼハッタリで息子と対峙していますが・・・・[あせっ]

後編も早く観たいと思っていますが、時間がなくてなかなか行けません。
原作を読んでいる次男と夫が「結末知りたいだろ~~」とイヂワルを
言うので、いつか1人で観に行ってやる・・と目論んでます(笑)
でも原作と結果が違うとも聞いたんだけどな・・・?

ちなみに・・・夫も次男もリュークの声が意外だったと声を揃えていたの。
テレビでしか観てない私には合っていたと思うんだけど。
by 綺華 (2006-11-13 15:15) 

ゆりまる

私は、漫画を先に見ました。おもしろいですよ。ただ、漫画にしては字が多く、書いていることが難しいので、じっくり読まないといけません。
続編、原作とは違うのでしょうか。
昨日、「百夜行」のドラマをDVDで見ました。最後まで主人公の二人を追う刑事役の武田鉄矢が、二人が信じられなくなった「親」のようで、その台詞に感動しました。子供ができたからこそ、違った目線で映画も見ることができますね。
by ゆりまる (2006-11-13 16:18) 

nomu

いや~、記事を拝見して観たくなりましたよ。最後が気になります。といっても、前編もところどころしか観てないのですけどね。
問題になっているいじめも、最近はメールとかブログとかで攻撃するというものが増えてるみたいですよ。大人の知らない時間帯に家族に知られることなく攻撃し合っている子どもたち・・・すごく恐ろしいですね。
ソネブロでいつもおつきあいしていただいている方のように良識あるユーザーばかりとは限らないのが現実なのでしょう。
by nomu (2006-11-13 16:26) 

流星☆彡

>ayaka様
該当年齢の子供を持つ親なら、多分 同様の感想を持つだろう…とは、予想
してましたけど、やっぱり…ですよね。^^;
『リューク』の声が意外だったと コミック愛読者が声を揃えるのですか~!?
ほほ~う!映画(含 TV放映)ONLYを観た私には、バッチリ[ぴかっ]だと思ったん
ですけど ね。(^^ゞ (この記事でも 題名部分でリンクしてる…)「日テレ」ページで
コミックのキャラクター紹介を 見たのですが、漫画では『ワタリ』も 「銀河鉄道
999」の登場人物(!?)みたいなキャラなのね。映画版の“執事”みたいなキャラ☆
素敵でしたけど ネ♪(*^^)v
原作と結果が違うんですってね[えーっ] 私も ブログ記事で読んだんです
けど…。周りから 間接的に知らされちゃうより、作品から直接 分かったほうが、
面白いですよん♪絶対!推理小説 読んでる時、真犯人を 教えられたくない[いかり]
みたいに!(^_-)-☆
by 流星☆彡 (2006-11-13 17:27) 

流星☆彡

>ゆりまる様
“漫画にしては字が多く、書いていることが難しい”事は、他のブログ記事で
知りました。読み応え ありそうですネ[たらー]
映画館は、幼いお子様連れ&中高生のお友達連れで盛況でした(←休日だった
からでしょうけど…)が、TVを見てる時と違って、その場で 気軽な意見交流が
できないじゃないですか~[あせっ] 中学生だけで見せるのは ちょっと心配な
ストーリーでしたよ。「人の死」に関して 充分 議論できる内容に、大人が全然
居合わせないのは、どうかな~!?…と、結構 心配に なりました。
ウチの娘は…TV放映される時まで 待てるんですって[えーっ] コミックスを
友達から借りて 読んでるらしい。。。[がーん] Ma~この後編は、前編のように
すぐに 日テレ放映されるでしょうけど。我が子と感想を語り合える親で ありたい
です。この作品は 特に!
by 流星☆彡 (2006-11-13 17:43) 

この前TVでやっているのを甥っ子が見てから、甥っ子のパパ(兄)の口癖は悪い事したらデスノートに書いちゃうぞですwwしかもそれを聞いた甥っ子のテンションはグッと下がっちゃいます♪
WEBでの犯罪も増えてきてますので、流星さんのようにちゃんと物事を見ぬく目を養っていかなくてはダメですよね☆
by (2006-11-13 18:03) 

流星☆彡

>nomusan様
そう。今の「いじめ」が 死にたくなり(←この気持ちの動きは、昔から あります
けど…。)実行してしまえる状況なのは、ネットを通じて あっという間に 相手に
動かれてしまう…のが、昔と違う大きな要因だと 思います。だから、昨今の
情報操作(←ある意味 「情報操作」ですよね!)の速度や それが広範囲なのを
実感せずに、「たかが そんな事くらいで…」と 大人が諌めるのは、片手落ち
だと 思います。
討論番組とかで 「昔 居た、番長役の子供が居なくなった!」と評論する大人を
見かけましたが、状況が動いていくスピードが 昔とは比べものに ならない程
速くて、独自に動く 心の余裕を持てない…現実が あるのが大きい…と 思えて
ならないんです。この事は、大人に とっても 同様ですけど ね[あせっ]
by 流星☆彡 (2006-11-13 18:10) 

流星☆彡

>mochi様
「悪い事したらデスノートに書いちゃうぞ」ですか~[がーん] 娘が小学生だったら
効き目ある かもしれない~!もう ダメだけど。。。[はぁっ]
そうそう!早速、『茶の味』 観ました~♪おじいちゃんが パラパラ漫画を残して
くれてたところ なんて、じ~んと きました[はぁと] 愛情が “形に なってる”のって、
素敵ですよネ。あと、アンナちゃん演じる転校生に恋する はじめ君が、彼女と
対局するシーン&傘を 閉まりかけたバスのドア越しに投げ入れてあげる場面
…こんな 何気ない事で 胸が高鳴る 青春の一場面が 瑞々しくて[はーと]
理解できない(!)場面も あるには ありましたけど、こ~ゆ~の☆私も大好き
デス♪(*^^)v そうそう。「DEATH NOTE」で『L(エル)』を 演じてる=松山
ケンイチ君も 出演してましたよん♪ 松山君☆『L』では 全然 素顔を感じさせない
メイク&演技なのです~[ぴかっ] 彼の演技の おかげで、映画版「デス・ノート」は
具現化できた!…と言っても、過言でない…と 思います。(^^ゞ
そうそう。(←これで 3度目の「そうそう」[あせっ])『茶の味』に、SMAP 剛ポン☆も
ちらっと出てるでは ないですか~っ!発見して 大喜び~[らぶっ]
by 流星☆彡 (2006-11-13 18:31) 

面白かったですか?良かった〜♪[ぴーっ]
あれはきっと全部を理解出来ている人はいないと思いますww
『L』役の松山君でてたのですか?気になるのでチェックしてみますね[わはっ]
僕も剛ポンは発見した時超嬉しかったです[わはっ]
by (2006-11-14 18:45) 

流星☆彡

>mochi様
『茶の味』中の松山ケンイチ君☆ 見つけるの、超大変だと思いますよん[えーっ]
多分(←もし違ってたら、本当に知ってる人に教えてもらいたかったりする~[たらー])
4人組の学生役で出てて、顔が確実に判別できないような出演状況デシタ~[きょと]
“2年前の”松山君だと、そんな感じだったのかなぁ…てな感想ですね。
今日、TSUTAYAにDVDを返しに行って、『山よ』(歌)単独の(!!)DVDを
見つけましたけど、借りる気は起きなかったな~[いいえ]
また、面白い お薦め映画が ありましたら、教えて下さいマセ~[わはっ]
by 流星☆彡 (2006-11-14 21:25) 

流星☆彡

>HAL様
Thank You for Your Nice!(^_^)/
by 流星☆彡 (2006-11-17 01:44) 

流星☆彡

>JACK様
〔nice!〕を いただき、ありがとうございました!(^_^)/
私は その後、まず コミックスの1・2巻を 入手して読もう!…と 思ったのですが、
1巻って、もう販売してないのね[しゅん] 高1の娘は、友達から借りて 読んで
しまったらしく、なんとか 自分で独自に入手したい!…と 考え中です[わはっ]
一昨日 初めて、深夜に放映してるTVアニメ=“南空ナオミが 月に名前を
教えてしまう回”←を 見ました!(*^^)v TVアニメも、面白いですネ~[おんぷ]
映画以外の『デス ノート』も、これから 知っていきたい!と 思っております。
では では…これからも 記事更新、頑張って下さいネ!p(^_^)/
by 流星☆彡 (2006-11-17 22:08) 

ありま

お久しぶりです(^^) 有馬でございます☆
デスノート後編見られましたか!! 面白かったですよね~☆
夜神パパ(加賀さん)は本当切なくて、泣けてしまいました(><)
おかしい、デスノートって泣ける話じゃないはずなのにーー??とか思いつつ(笑;
藤原(キラ)、松山(L)の演技もさることながら、加賀さんがいることであの作品は1本しっかり線が通っている気がします。引き締まってるというか(^^)
TVアニメもいいですよね。なかなか絵が綺麗ですし!
ライトの猫かぶりっぷりが、かなりウケます。声の方うますぎ!
ああ~DVDが待ち遠しいです(笑)
by ありま (2006-11-21 23:28) 

流星☆彡

>ありま様
あら~♪ お立ち寄りいただけて 光栄デス!(^_^)/
今しも、日テレの「デスノート」(アニメ)を 見よう♪と TVをONしたところです。
(*^^)v このアニメ↑が、また 良いらしい[ぴかっ]
そうそう。貴女は カナダに行かれてるんですネ!私は、新婚旅行先が カナダ
だったので、とても 気になっており…。後ほど 読ませていただきに伺いたい
な~♪と 思っております。では また!(^_^)/
おっ!始まった~♪アニメ「デスノート」☆ (#^.^#)
by 流星☆彡 (2006-11-22 00:58) 

talofa

 私と同じように親の立場でこの映画を見ていた方がいらしたのを発見。[わはっ]
やっぱり親の年齢になると自分の子どもが、って考えてしまいますね。
こちらの記事にトラックバックを送らせていただきました。 どうぞよろしくお願いします。
by talofa (2006-11-26 18:55) 

流星☆彡

>talofa様
こちらにも ありがとうございます♪
実は 私も、「おお~!同じ観点で観てる オバ母 発見!(◎▽◎)」と 思って
おりました~[わはっ] そちらの記事にも 伺いますネ。(^_^)/
by 流星☆彡 (2006-11-26 19:26) 

kayamariyon

こんばんはーー。
邦画でここまで楽しみにした映画は久しぶりでした。
原作もいいですが、2時間ちょっとにこの話をまとめたこのオリジナルストーリーもいいですね。

ビリーのところから見てて、映画の事が書いてあって嬉しくなってしまいました。よろしくです!TBさせていただきます。
by kayamariyon (2006-12-04 18:34) 

流星☆彡

>kayamariyon様
コメント&TB ありがとうございました!(^_^)/
私は 「女子高生の母」でも あるので、この作品は、親が知らずに 娘だけが
鑑賞して いろいろ思っているのでは いかん!…との思いも 強く持った作品
でしたのよ。映画館でも、中学生だけ[がーん]と 見受けられる お友達連れの
様子が 心配で なりませんでした[うーむ]
映画のラストシーン…(亡くなった)息子(=月)の お誕生日を祝う お母さんの
姿を、重~い思いを持って見た 親(大人)で ありました。あの場面…ちょっと
描き方が 軽過ぎ[いかり]と 感じたのは、私だけでは ないはず…です。
Ma~そんな感想を持つ おばさんで あります。BILLYの情報といい、様々な
交信が できて、とても楽しい経験と なっておりますよん♪(*^^)v
by 流星☆彡 (2006-12-04 19:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 7

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。